チョコBlog

子宮内膜症(チョコレート嚢胞)不妊治療の経験をまとめました。

治療を中断 〜ネット検索の鬼と化す〜

不妊治療を続けていると、なかなか結果が出なくて焦ってくるしだんだんと自分を責める状況になってきました。

 

原因不明の不妊ということで、タイミングが悪いのか、年齢のせいなのか、自分の身体の問題なのか色々と考え込むわけですが、1年間もタイミングを合わせたのに妊娠できないとなると「自分の身体の問題」じゃないかと疑うわけです。

 

恐らく、妊活(ベビ待ち)をしている方なら経験あると思いますが妊娠しやすい身体にするために、身体を温めたり冷たい食べ物を控えたりネット検索の鬼となって、ありとあらゆることを試しました。

 

これで妊娠出来た!というようなネット記事を見れば今思えばかなり怪しいグッズを買ったこともあるし、気功に手を出したりとっても値の張る漢方をひたすら飲んでいた時期もあります。とにかく、お金を出して妊娠できるのなら何でもやります、、という状態に陥っていました。病院での薬や注射が身体に悪いような気がして、食生活を見直したり漢方で身体を整えるほうが重要なんだと信じて。

 

不妊治療を中断してから約1年、そんな「身体にやさしい」生活を続けてみたものの、結局、妊娠には至りませんでした。こうなってくるとますます不安になってくるし、落ち込みます。夫にも相談しました。夫は不妊治療に協力的だったし、私の年齢を考えて「もうちょっと治療を頑張ってみよう」という考えでした。

 

私自身は治療で通院することには消極的だったけれど夫も赤ちゃんを望んでいるのだから、私がもう少し我慢して治療すれば結果が出るのかもしれない、と考え直しました。タイミング指導、人工授精で結果が出ないとなると、次に進むのは「体外受精」しかし、治療には高額な費用がかかるみたいだしなんだか痛そう、、、夫は人工授精も体外受精も協力することは同じ(精子を提出する)だけど、私はどうなるんだろう。

 

すごく気が進まなかった。

でも、やるしかなかった、、、

 

病院には体外受精へのステップアップの意思を伝え病院主催の体外受精説明会に参加することになったのです。